CONTENTS
抜けた歯を放置している

抜けた歯の放置について

としき歯科一橋学園の治療の特徴
サージカルガイド(コンピュータ上でのシュミレーション)
精密機械により、安心・確実な治療

CT検査

歯科用CTは、歯だけでなく、あごの骨や鼻の奥などの構造や粘膜の状態が立体的に検査できます。他の別撮りはせずにすぐに診断が可能です。

模型審査

模型を作成し上下の歯の咬みあわせ等を綿密に検査致します。

治療方針

インプラント(ノーベルガイド含む)

生体親和性のあるチタン製のネジ(人工歯根)を歯槽骨内に埋め込んで、骨とネジとの結合を待った後、歯の形をした被せものを作成していきます。

ノーベルガイド

ノーベルガイドは、術前に歯科用CTスキャンで撮影した画像から、3D画像を作成。その3D画像をもとに、コンピューターを使って作られる精巧なガイドシステムです。

お客様の声

40代男性
抜けた歯を放置していることで、近くの歯にどういった悪影響がでてくるのかを丁寧に説明してもらえたのが助かりました。
60代女性
長年放置してしまっていた抜けたままの箇所への対策を、様々な形で提案していただきました。