CONTENTS
歯並びが悪い

歯並び矯正

としき歯科一橋学園の歯並び矯正の特徴
なるべく抜歯しない
治療期間が早い
後戻りしにくい

検査内容

一般検査(虫歯のチェック)

むし歯の有無とむし歯ができている場所、詰め物やかぶせ物の種類と、不具合の状態などの診査をします。

骨格のレントゲン検査

レントゲン検査にて顎骨や、歯を支える骨、顎骨全体・顔の骨格、顎関節の確認を行います。

顎機能検査

顎の運動を測定し、その動きのデータから、顎関節の状態や咬み合わせの問題を検査します。

ブラックスチェッカー

歯型に合わせた0.2ミリの特殊な赤色フィルムにて、歯ぎしりがどこでどの程度おこっているかを就寝時に装着して検査致します。

模型審査

模型を作成し上下の歯の咬みあわせ等を綿密に検査致します。

写真撮影

腔内写真の撮影、虫歯、歯周病検査などの各種検査を行い、現在のお口の中の状態を確認します。

治療方針

ゴムメタル

『ゴムメタル』は柔らかく、しなやかでありながら高強度で腰が強いという特性を持っており、また加工硬化しにくいので折れにくい新チタン合金です。生体安全性も証明されており、人に優しい合金です。

セラミックブラケット

セラミックブラケット. 唇側に歯の表面にブラケット装置を着用し、ワイヤーを通して固定して矯正を行います。セラミックブラケットは、見た目もわかりづらく変色しにくいのが特徴です。

顎間ゴム

顎間ゴム(エラスティクスゴム)は、上あごの装置と下あごの装置にまたがってかける輪ゴムです。
顎間ゴム(エラスティック)はゴムの力を利用し、歯を目的の位置に動かし、上の歯と下の歯がきちんと咬み合うようにします。

オーバーレイ

オーバーレイ (Overlay) 治療とは第1乳歯臼歯、第2乳臼歯の上に金属、またはプラスチックのかぶせ物を装着することにより、下顎を適切な位置に誘導し、顎顔面の成長を適切に促す咬合誘導治療です。

リテーナー

リテーナーはマルチブラケットによる治療を行って、歯並びと咬み合わせを整えた後に、これを安定化させるための装置です。

お客様の声

40代女性
歯並びの悩みに関して丁寧にお話しを聞いていただき、安心して治療にのぞむことができました。
50男性
治療法が様々有りどれを選択したらよいか迷ってしまったのですが、自分に合った内容をお勧めしていただき、とても助かりました。